インターネットで情報収集


内容については古くなっていますので こちら を参照してください.

 最近では,広告やテレビ番組で "http://www.yahoo.com" といったように,頭に"http://"がついた文字をみかけるようになりました.これはインターネットのホームページの場所を表す文字で,ホームページアドレスと呼ばれています.インターネットはその即時性や双方向性など,いままでのメディアとことなった特徴をもっていますので,それを有効に活用すれば強力な情報源となります.

■インターネットにGO!!

インターネットにつなぐ方法はいくつかありますが,その代表はパソコンを使ってアクセスする方法です.最近売られているたいていのパソコンにはインターネットにアクセスするソフトが付属していますので,モデムやTA/DSUなどを用意します.これを使って電話回線やISDN経由でインターネットにつなぐのですが,その前にプロバイダと呼ばれるインターネット接続業者に加入する必要があります.プロバイダは http://opendoors.asahi-np.co.jp/prov/index.htm で調べることができます.気になる費用については,NTTに払う電話回線使用料と,プロバイダに払う料金が必要になります.

■情報をさがす

インターネットに接続して初めにするのはホームページを見ることでしょう.その際,ホームページアドレスがわかっていると,ホームページ閲覧ソフト(ブラウザ)にそれを入力するとページを見ることができます.アドレスがわからなくても,ホームページを検索するためのページがありますので,そこでキーワードを入れて目的のページを検索します.

 

■電子メールを活用しよう

 インターネットの便利な機能として,電子メールというのがあります.電子メールとは葉書や封書といった紙の郵便のかわりに,電子メールソフトとインターネットを使って,文字やファイルのやり取りをするものです.住所に相当する相手のメールアドレスがわかれば,世界中どこにいてもメールを送ることができます.

 この電子メールを利用して,自分の知りたい情報を定期的にメールで配信してもらうことができます.また,電子メールでたくさんの人と情報や意見交換をするメーリングリストというサービスもあります.

 さあ,みなさんもインターネットで情報を集めてみましょう.

 

役立つページ

ホームページの検索
・http://www.yahoo.co.jp/
・http://www.goo.ne.jp/
・http://www.nmt.ne.jp/~mogawa/mus_search.html

博物館に関するページのリンク
・http://www.ask.or.jp/~museum/index_
・http://candy.hus.osaka-u.ac.jp/esthome/Museum/Museum.html

電子メールサービス
・http://rap.tegami.com/mag2/index.htm

メーリングリストの一覧
・http://mlnews.com/ml/

(植物担当 小川 誠)

博物館ニュース:No.33(1998年12月1日発行)より


戻る