head_img

モンシロチョウに紫外線を当てると

 モンシロチョウは、教科書にも載っている身近に見られる昆虫の代表です。これに紫外線を当てるとオスとメスで光り方が違います。

photoモンシロチョウ(メス)

 いままで紹介してきたものは、紫外線を当てると蛍光を発して光るというものでした。モンシロチョウの場合は紫外線を照射しても蛍光を発するのではなく、反射の仕方に違いがあってオスとメスで光り方が違っています。これは羽の鱗粉の構造の違いによるものと言われています。メスの鱗粉は紫外線を反射する構造となっていて、オスは紫外線を吸収してしまう構造なので、オスの方が暗く見えるとのことです。
 昆虫は人が見えない紫外線の領域が見えていると言われています。虫は私たちが見ている世界とは違う光景を見ているということになり、とても不思議ですね。


 

普通の光とブラックライトを当てた画像では...

モンシロチョウ(通常の光)

通常の光(左がメス、右がオス)

 

モンシロチョウ(紫外線)

紫外線(左がメス、右がオス)

上の写真は、モンシロチョウに紫外線を当てて、普通のカメラで撮影したものです。普通のカメラでは紫外線は撮影できませんので、メスが光って見えるのは紫外線の反射ではないようです。
 


 

モンシロチョウが光る様子をビデオで見てみよう


 

ページトップに戻る