Profile

生年,出身地
1975年,岡山市生まれ
専門分野
日本民俗学
研究テーマ
生業研究(漁撈民俗),民具研究,技術伝播・文化伝播に関する研究
略歴
東京学芸大学教育学部 国際文化教育課程日本研究卒業
神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科 博士前期課程修了
神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科 博士後期課程中退
2002年4月より現職
所属
徳島県立博物館 人文課 学芸係長
所属学会等
日本民俗学会,日本民具学会,日本村落研究学会,地域漁業学会,四国民具研究会(※事務局),徳島地域文化研究会(※事務局),四国民俗学会,相模民俗学会,岡山民俗学会

 ◆最近のおもな仕事◆

  • 徳島県からの漁民移動の民俗に関する調査研究を行っています。   
  • 科研費基盤研究(C)「近現代移住漁民による技術移動と都市部への定住に関する民俗学的研究」の研究代表者です。   
  • 唐箕,タカラバチ,からさおなど生産・生業関連の民具調査を行っています。  
  • 徳島県の離島における民俗誌作成のための共同調査を継続しています。  
  • 阿波晩茶製造技術に関する共同調査に参加しています。
  • 科研費基盤研究(B)「民俗展示の多言語化のための基礎的研究―東アジアの水産資源を素材として」(千葉県立中央博物館)に連携研究者として参加しています。
  • 人間文化研究機構(国立歴史博物館、国立国語研究所)共同研究「地域における歴史文化研究拠点の構築」に共同研究員として参加しています。
  • 科研費基盤研究(B)「朝鮮海出漁の歴史とその文化的影響の研究―イワシをめぐる韓国の民俗変化」(国立歴史民俗博物館)に研究分担者として参加しています。     
  • 科研費基盤研究(C)「ポスト専業化時代における経験知のマネジメントとその限界性-農山漁業の事例から-」(聖徳大学)に研究分担者として参加しています。



yubin このページについてのお問い合わせ:isomoto_hironori_1(at)mt.tokushima-ec.ed.jp
※(at)を@に書き替えて送信してください。