徳島県立博物館2010年5月の催し物案内

申込みは終了いたしました。

徳島県立博物館の催し物ご案内です.ふるってご参加ください.


◇博物館フェスティバル「こどもの日フェスティバル」


展示室でのクイズラリーや体験コーナーなど楽しい企画があります。参加料は無料で、参加したこどもたちには記念品があります。

 ○日  時  5月5日(水)9:30〜16:00
 ○場  所  博物館常設展示室
 ○講  師  博物館学芸員 普及課員
 ○対  象  幼児から一般(幼児・小学生は保護者同伴) ※申し込みは必要ありません(直接会場へおこしください)。
 ○備  考  当日はすべての方の常設展観覧料は無料です。ただし、大学生・一般の方が企画展を観覧される場合は企画展観覧料が必要です。 受付は、15:30までとなっています




◇野外自然かんさつ「宍喰浦と竹ヶ島の地質見学(海陽町宍喰)」


海陽町宍喰浦〜竹ケ島には、「日本の地質百選」にも選ばれた国指定天然記念物“宍喰の漣痕”などの堆積構造や、町指定天然記念物の生痕化石がみられる地層が点在しています。
この行事では、これらの地層や海岸地形の観察を行います。約10km歩くほか、足場の悪いところにも入ります。脚力に自信のある方向けの行事です。

 ○日  時  5月9日(日)12:00〜16:00
 ○場  所  海陽町宍喰浦〜竹ヶ島
 ○講  師  中尾賢一(博物館学芸員)
 ○対  象  小学校高学年以上(小学生は保護者同伴)
 ○定  員  25名
 ○申込方法  別記の方法で,4月29日(木)までにお申し込みください。
 ○備  考  宍喰駅集合、竹ヶ島で解散:竹ヶ島から宍喰駅までは乗合バスが使えます。バス利用の場合、運賃170円が必要です。




◇企画展関連行事「企画展「ヒマラヤー自然と人びとのくらしー」展示解説2」


ヒマラヤ山脈は世界の屋根とよばれ, さまざまな珍しい動植物が存在しています。一方,ヒマラヤのすそ野は熱帯に始まり,その中腹は意外にも私たちのくらす徳島県の平野部と同じ照葉樹林になっています。
ヒマラヤの高山帯やその中腹の特徴ある 動物,昆虫,植物,岩石などの自然や人びとのくらしに関してお話しします。

 ○日  時  5月9日(日)14:00〜14:30
 ○場  所  博物館企画展示室
 ○講  師  茨木 靖(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般 ※申し込みは必要ありません(直接会場へおこしください)。
 ○備  考  大学生・一般の方は企画展観覧料が必要です。




◇部門展示関連行事「部門展示「絵はがきと景観」展示解説」


裏面に写真や絵などが印刷された絵はがきは、記念品やみやげ物として販売され、明治時代以降普及してきました。こうした絵はがきの中には、かつての景観を写した写真も多く、写真資料として見ることができます。
そこで今回の展示では、館蔵の絵はがきを「街」「寺社」「山」「川」「海」「阿波踊り」など写真や絵の対象となった場面により分類し、展示します。絵はがきに描かれたかつての景観をご覧ください。


 ○日  時  5月9日(日)15:00〜15:30
 ○場  所  博物館常設展示室
 ○講  師  磯本宏紀(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般 ※申し込みは必要ありません(直接会場へおこしください)。
 ○備  考  大学生・一般の方は常設展観覧料が必要です。




◇野外自然かんさつ「磯の生きもの」


磯には面白い形をした生き物がいっぱい。ナメクジのお化けのようなアメフラシ、背中に海藻をつけて動くヨツバモガニ、いろいろな模様のヒライソガニ、亀の手にそっくりなカメノテ...などなど。ホントの鳴門ワカメもあります。
手に取って、じっくり観察してみましょう。楽しいですよ。

 ○日  時  5月16日(日)13:00〜15:00
 ○場  所  鳴門市竜宮の磯
 ○講  師  佐藤陽一(博物館学芸員)
       中尾賢一(博物館学芸員)
        山田量崇(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般(小学生は保護者同伴)
 ○定  員  70名
 ○申込方法  別記の方法で,5月6日(木)までにお申し込みください。
 ○備  考  現地集合・現地解散




◇歴史文化講座「忌部山古墳群と横穴式石室」


海陽町立博物館で開催している企画展「阿波忌部と海部」にちなんで忌部山古墳群の石室や出土品について解説します.また,合わせて,段の塚穴タイプの石室や海岸部に分布する横穴式石室など,県下古墳の横穴式石室の地域ごとの特徴について紹介します.

 ○日  時  5月23日(日)13:30〜15:00
 ○場  所  海陽町立博物館(海南文化館)
 ○講  師  高島芳弘(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般
 ○定  員  50名
 ※申し込みは必要ありません(直接会場へおこしください)。
 ○備  考  現地集合・現地解散




◇ミュージアムトーク「ヒマラヤの花と自然」


ヒマラヤ山脈は世界の屋根とよばれ, さまざまな珍しい動植物が存在しています。一方,ヒマラヤのすそ野は熱帯に始まり,その中腹は意外にも私たちのくらす徳島県の平野部と同じ照葉樹林になっています。
ヒマラヤの高山帯やその中腹の特徴ある 自然や人びとのくらしに関してスライドなどを用いてお話しします。

 ○日  時  5月23日(日)13:30〜15:00
 ○場  所  博物館講座室
 ○講  師  茨木 靖(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般
 ○定  員  50名
 ※申し込みは必要ありません(直接会場へおこしください)。
 ○備  考  大学生・一般の方は企画展観覧料が必要です。




◇歴史散歩「古墳見学1(徳島〜海陽)」


大型バスで海陽町の大里古墳をはじめとする県南の古墳を巡ります.県南は吉野川流域に比べて古墳は少ないですが,島嶼部に立地したり,大型の石室を持っていたりと,特徴のあるものが見られます.古墳の立地や横穴式石室のつくりなどについて,じっくりと観察しましょう.


 ○日  時  5月30日(日)9:00〜17:00
 ○場  所  小松島市,阿南市,海陽町
 ○講  師  高島芳弘(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般(小学生は保護者同伴)
 ○定  員  45名
 ○申込方法  別記の方法で,5月20日(木)までにお申し込みください。
 ○備  考  貸切バス使用




■お申し込みについて

 

往復はがきに
 1.希望行事名
 2.参加希望者全員の氏名と住所(学生の場合は学年も)
 3.電話番号
を記入し,行事予定日の1ヶ月前から10日前までに届くように下記までお申し込みください。返信用はがきの住所・氏名も忘れずに記入しておいてくだい。希望者が多数の場合は抽選します。なお,くわしいことは当選された方にお知らせします。原則的に,参加費は無料です。

申込先 〒770-8070 徳島市八万町向寺山 徳島県立博物館 普及係 TEL 088-668-3636

往復葉書記入例

往復葉書記入例

今月のお知らせ:




====================================================
 文化の森総合公園開園20周年記念事業
 第1回企画展

             The Himalayas
              ヒ マ ラ ヤ
          −自然と人びとのくらし−
====================================================

 ヒマラヤ山脈は世界の屋根とよばれ、さまざまな珍しい動植物が存在してい
ます。一方、ヒマラヤのすそ野は熱帯に始まり、その中腹は意外にも私たちの
暮らす徳島県の平野部と同じ温帯照葉樹林になっているのです。
 この企画展では、ヒマラヤの高山帯やその中腹の特徴ある自然と人びとの暮
らしを、動物、昆虫、植物、岩石などの標本や生活の道具、写真、映像などを
用いて紹介します。

 4月29日(木)〜 6月6日(日)
会   場:博物館企画展示室
時   間:9:30〜17:00
休 館 日: 毎週月曜日  5/3(月)は開館 5/6(木)は休館
観 覧 料:一 般200円 高校・大学生100円
     小・中学生 50円
※小・中学生および高校生は、土・日祝日の観覧料は無料です。

〈展示構成〉
1.ヒマラヤの成り立ち
2.ヒマラヤの環境とくらし
3.ヒマラヤのいきものたち
4.ヒマラヤ調査の実際
5.体験コーナー
 ・民族衣装を着てみよう
 ・マニ車をまわしてみよう
  ・絵を描いてみよう 他
6.映像コーナー

〈主な展示資料〉
・ヒマラヤ産 高山植物標本
・獣類剥製        ・昆虫標本
・化石          ・岩石
・民具          ・仏教関係資料

〈展示解説〉
日 時  2回目 4月29日(木) 14:00〜14:30
     2回目 5月 9日(日) 14:00〜14:30
場 所  博物館 企画展示室(1階)
担 当  茨木 靖(博物館学芸員)
備 考  申し込みは必要ありませんが、大学生と一般の方は、
     企画展観覧料が必要です。


====================================================
  部門展示
             絵はがきと景観
====================================================

 裏面に写真や絵などが印刷された絵はがきは、記念品やみやげ物として販売
され、明治時代以降普及してきました。こうした絵はがきの中には、かつての
景観を写した写真も多く、写真資料として見ることができます。
 そこで今回の展示では、館蔵の絵はがきを「街」「寺社」「山」「川」「海」
「阿波踊り」など写真や絵の対象となった場面により分類し、展示します。絵
はがきに描かれたかつての景観をご覧ください。

○会  場 博物館常設展示室内 部門展示室(2階)
○時  間 9:30〜17:00
○観 覧 料 通常の常設展観覧料
○休 館 日 毎週月曜日 5/3(月)は開館 5/6(木)が休館
※小・中・高校生は、土・日曜日・祝日の観覧料は無料です。

【展示解説】
●日  時  5月9日(日) 15:00〜15:30
●場  所  博物館常設展示室内 部門展示室(2階)
●講  師  磯本 宏紀(博物館学芸員)
●申込方法  お申し込みは、必要ありません。直接会場へおこしください。



====================================================
      タンポポ調査西日本 実施中
====================================================
 身近な花であるタンポポを集めて、環境の変化などを調べる取り組み
「タンポポ調査2010・西日本」が実施されています。
 調査はとても簡単で、調査用紙に場所などの必要事項を記入し、
花(あればタネも)を事務局宛てに送るだけです。子どもから大人まで誰
でも参加できます。
 詳しくは博物館内事務局(担当小川)かホームページ
(http://www.gonhana.sakura.ne.jp/tanpopo/)まで。




====================================================
            5月のクイズラリー
====================================================
 8日(土)・22日(土)  午前9時30分〜午後4時
☆ 徳島県立博物館では、小・中学生および高校生を対象に、毎月第2・第4土
  曜日に「博物館クイズラリー」を実施しています。参加費は無料で、申し込
  みも必要ありません。
☆ 問題は毎回変わります。内容は簡単ですので、気軽に参加してください。
  参加者には、獲得したポイントに応じた記念品(金賞・銀賞・銅賞)を用
  意しています。
☆ 小・中学生および高校生は、土曜日、日曜日、祝日の観覧料は無料です。


博物館のホームページ  年間の催し物