徳島県立博物館2008年3月の催し物案内

この行事の申し込みは終了いたしました.

徳島県立博物館の催し物ご案内です.ふるってご参加ください.


◇室内実習「ミクロの世界ー電子顕微鏡で昆虫を見よう2」


昆虫の頭やハネ、手足の先などは一体どんな形をしているのでしょう。そんな昆虫の一部を大きくして見てみましょう。電子顕微鏡は小さなモノを大きくしてみることのできる装置です。カの口の先やチョウのハネの鱗粉、体に生えている細い毛など、みなさんがいつも見ているはずの部分を1000倍くらいに大きくして見ると、その形のおもしろさにきっとビックリ。チョウやハエの卵も見てみます。

 ○日  時  3月2日(日)10:30〜12:00
 ○場  所  博物館 実習室・電子顕微鏡室(3階)
 ○講  師  大原 賢二(博物館学芸員)
        山田 量崇(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般(小学生は保護者同伴)
 ○定  員  10名
 ○申込方法  別記の方法で,2月21日(木)までにお申し込みください。
 ○備  考  午前の部




◇室内実習「ミクロの世界ー電子顕微鏡で昆虫を見よう2」


昆虫の頭やハネ、手足の先などは一体どんな形をしているのでしょう。そんな昆虫の一部を大きくして見てみましょう。電子顕微鏡は小さなモノを大きくしてみることのできる装置です。カの口の先やチョウのハネの鱗粉、体に生えている細い毛など、みなさんがいつも見ているはずの部分を1000倍くらいに大きくして見ると、その形のおもしろさにきっとビックリ。チョウやハエの卵も見てみます。

 ○日  時  3月2日(日)13:30〜15:00
 ○場  所  博物館 実習室・電子顕微鏡室(3階)
 ○講  師  大原 賢二(博物館学芸員)
        山田 量崇(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般(小学生は保護者同伴)
 ○定  員  10名
 ○申込方法  別記の方法で,2月21日(木)までにお申し込みください。
 ○備  考  午後の部




◇歴史散歩「古墳見学2」


渋野丸山古墳は長さ約105mで、徳島県で最大の前方後円墳です。最近の調査でその墳形がほぼつかめ、南側のくびれ部付近には張り出しのあることもわかりました。
今回は、渋野の古墳の中で、丸山古墳と天王ノ森古墳、新宮塚の3つの古墳を中心に見学し、周辺の神社や岩陰などにも立ち寄ります。

 ○日  時  3月16日(日)10:00〜15:00
 ○場  所  徳島市渋野町
 ○講  師  高島 芳弘(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般(小学生は保護者同伴)
 ○定  員  40名
 ○申込方法  別記の方法で,3月6日(木)までにお申し込みください。
 ○備  考  現地集合・現地解散




◇歴史散歩「伊島を歩こう」


伊島は、阿南市蒲生田岬沖の徳島県東端に位置する島で、周囲約12?ほどの起伏に富んだ島です。素潜り潜水漁やエビ建網など漁業の島としても知られ、明治期以降各地へ器械潜水士を輩出してきた島でした。また、江戸時代末期につくられたとされる西国巡礼の写し霊場があり、民間信仰の側面からも多様な伊島の生活の一面をみることができます。
今回は伊島を歩きながら、島の生活史にふれてみましょう。


 ○日  時  3月30日(日)8:00〜16:00
 ○場  所  阿南市伊島
 ○講  師  磯本 宏紀(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般(小学生は保護者同伴)
 ○定  員  20名
 ○申込方法  別記の方法で,3月20日(木)までにお申し込みください。
 ○備  考  現地集合・現地解散




■お申し込みについて

 

往復はがきに
 1.希望行事名
 2.参加希望者全員の氏名と住所(学生の場合は学年も)
 3.電話番号
を記入し,行事予定日の1ヶ月前から10日前までに届くように下記までお申し込みください。返信用はがきの住所・氏名も忘れずに記入しておいてくだい。希望者が多数の場合は抽選します。なお,くわしいことは当選された方にお知らせします。原則的に,参加費は無料です。

申込先 〒770-8070 徳島市八万町向寺山 徳島県立博物館 普及係 TEL 088-668-3636

往復葉書記入例

往復葉書記入例

今月のお知らせ:

=======================
3月のクイズラリー
=======================
 8日(土) 午前9時30分〜午後4時
22日(土) 午前9時30分〜午後4時

☆ 徳島県立博物館では、小・中学生および高校生を対象に、毎月
  第2・第4土曜日に「博物館クイズラリー」を実施しています。
  参加費は無料で、申し込みも必要ありません。
☆ 問題は毎月変わります。内容は簡単ですので、気軽に参加して
  ください。参加者には、獲得したポイントに応じた記念品(8回
  で金賞・4回で銀賞・1回で銅賞)を用意しています。ポイント
  をたくさん集めましょう。
☆ 小・中学生および高校生は、土曜日、日曜日、祝日、春休み期
  間中の観覧料は無料です。


================================
☆部門展示(人文)
「レントゲンでのぞいた博物館の資料たち」
================================

○会   期  1月22日(火)〜3月30日(日)
○休 館 日  2/4(月)・2/12(火)・2/18(月)・2/25(月)・3/3(月)・
        3/10(月)・3/17(月)・3/24(月)
○会   場  博物館 2階常設展示室内 部門展示室(人文)
○時   間  9:30〜17:00
○観 覧 料  通常の常設展観覧料
        一般200円 高校・大学生100円 小・中学生50円
※小・中学生および高校生は、土曜日、日曜日、春休み期間中の観覧料は無料です。
※祝日は、どなたも無料で観覧していただけます。

 博物館では資料の内部構造や破損の程度を確認するために、人間の健康診断など
にも利用されているレントゲン(X線)を使った調査を行っています。
 この展示では、これまでの博物館資料のX線透過撮影調査の結果からわかった新
たな事実など、ふだんは絶対に見ることができない博物館資料のウラのウラをご覧
いただこうと思います。博物館資料たちのいつもと違った姿をお楽しみください。

☆展示構成とおもな展示資料☆
(1)レントゲン(X線)とは
(2)レントゲンでのぞいた博物館の資料たち
  ・木偶(人形頭)内部のからくり
  ・鋳掛けの技術で補修された銅鐸
  ・サビで覆われた青銅鏡の繊細な文様
  ・銀象眼が施された鍔 など
(3)その他のX線を利用した調査
  ・土器破片に付着した赤い顔料
  ・赤い顔料で彩られた銅鐸 など


===============================================
☆阿波歴史体感ネットワーク「いにしえ夢街道」推進事業協賛
 特別陳列「徳島城下町の世界」
===============================================

○会   期  1月17日(木)〜3月2日(日)
○休 館 日  2/4(月)・2/12(火)・2/18(月)・2/25(月)
○会    場  博物館 企画展示室(1階)
○時   間  9:30〜17:00
○観 覧 料  無料

 江戸時代の城下町・徳島については、近年、いろいろな方法によって研究がすすめ
られています。古文書や絵図などをていねいに読み解き、発掘された遺構や出土品を
丹念に調べることで、かつての城下のありさまが、具体的に生き生きとわかるように
なってきました。
 この特別陳列では、当館所蔵の城下絵図と、幕末の二軒屋で焼かれた庸八焼をおも
に展示します。展示品のほとんどが、当館が文化の森に開館して以来初めての一般公
開となりますので、身近な町の歴史を知るひとつの機会になると思います。ぜひ、ご
観覧ください。

★おもな展示構成と展示品★
   1城下絵図の世界
     ・阿波国大絵図
     ・徳島城絵図
     ・徳島城下町絵図
     ・徳島御城下切絵図

   2陶匠 富永庸八
     ・阿波国での庸八焼
     ・讃岐国での庸八焼
     ・庸八の交友


博物館のホームページ  年間の催し物