徳島県立博物館2008年2月の催し物案内

この行事の申し込みは終了いたしました.

徳島県立博物館の催し物ご案内です.ふるってご参加ください.


◇歴史体験「七輪で鍛冶ごっこ」


大量生産・大量消費の時代になって、身近に鍛冶作業を見ることがなくなりましたが、少し前まではそれぞれの地域に鍛冶屋さんがあって、生活に必要な道具をつくったり修理してくれていました。
この行事では、七輪と送風のためのドライヤーを使って簡単な鍛冶作業を行い、五寸釘からペーパーナイフを打ち出す体験をしてみようと思います。

 ○日  時  2月3日(日)13:30〜16:30
 ○場  所  博物館 実習室(3階)
 ○講  師  魚島 純一(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般(小学生は保護者同伴)
 ○定  員  20名
 ○申込方法  別記の方法で,1月24日(木)までにお申し込みください。




◇展示解説(臨時)「特別陳列「徳島城下町の世界」展示解説」


当館が所蔵する城下絵図と、二軒屋で焼かれた庸八焼について解説します。

 ○日  時  2月3日(日)13:30〜14:00
 ○場  所  博物館 企画展示室(1階)
 ○講  師  長谷川 賢二(博物館学芸員)
         大橋 俊雄(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般 ※申し込みは必要ありません(直接会場へおこしください)。
 ○備  考  参加費(無料)




◇室内実習「アンモナイト標本をつくろう」


アンモナイトは、カタツムリなどの巻き貝の仲間によく間違われますが、本当はタコやイカなどの頭足類という仲間に含まれます。普通に殻を見る限り、巻き貝にしか見えません。
この行事ではアンモナイトの殻を削り、内部の構造が観察できる標本をつくっていきます。そして、なぜアンモナイトが巻き貝の仲間ではないのかという疑問を、いっしょに考えていきましょう!

 ○日  時  2月10日(日)13:30〜15:30
 ○場  所  博物館 実習室(3階)
 ○講  師  辻野 泰之(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般(小学生は保護者同伴)
 ○定  員  20名
 ○申込方法  別記の方法で,1月31日(木)までにお申し込みください。




◇室内実習「ミクロの世界ー電子顕微鏡で植物を見よう2」


植物の葉や種などの表面には、気孔や珪酸細胞など非常に微細な構造がたくさん散らばっています。けれども、これらはあまりに小さいので、特別な道具を用いなければ観察することができません。走査型電子顕微鏡は、とても強力な虫眼鏡のような道具ですが、これを使えばそんな小さな物を数千倍に拡大して見ることができます。
この行事では参加者が実際に電子顕微鏡を操作して、ふだんは目にすることのできない植物の微細な構造を観察します。

 ○日  時  2月17日(日)13:30〜15:30
 ○場  所  博物館 講座室・電子顕微鏡室(3階)
 ○講  師  茨木 靖(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般(小学生は保護者同伴)
 ○定  員  10名
 ○申込方法  別記の方法で,2月7日(木)までにお申し込みください。




◇歴史体験「古代の乳製品をつくろう」


乳製品というと、近代になって飲食されるようになったイメージがありますが、すでに古代からありました。
今回は、そうした古代の乳製品のうち、「蘇」(そ)という食べものを作ってみます。蘇の正体とは…? それは当日のお楽しみです。

 ○日  時  2月17日(日)13:30〜15:00
 ○場  所  博物館 実習室(3階)
 ○講  師  長谷川 賢二(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般(小学生は保護者同伴)
 ○定  員  20名
 ○申込方法  別記の方法で,2月7日(木)までにお申し込みください。




■お申し込みについて

 

往復はがきに
 1.希望行事名
 2.参加希望者全員の氏名と住所(学生の場合は学年も)
 3.電話番号
を記入し,行事予定日の1ヶ月前から10日前までに届くように下記までお申し込みください。返信用はがきの住所・氏名も忘れずに記入しておいてくだい。希望者が多数の場合は抽選します。なお,くわしいことは当選された方にお知らせします。原則的に,参加費は無料です。

申込先 〒770-8070 徳島市八万町向寺山 徳島県立博物館 普及係 TEL 088-668-3636

往復葉書記入例

往復葉書記入例

今月のお知らせ:

==========================================
☆阿波歴史体感ネットワーク「いにしえ夢街道」推進事業協賛
特別陳列「徳島城下町の世界」
==========================================

○会   期  1月17日(木)〜3月2日(日)
○休 館 日  2/4(月)・2/12(火)・2/18(月)・2/25(月)
○会    場  博物館 企画展示室(1階)
○時   間  9:30〜17:00
○観 覧 料  無料
 江戸時代の城下町・徳島については、近年、いろいろな方法によって研究がすすめ
られています。古文書や絵図などをていねいに読み解き、発掘された遺構や出土品を
丹念に調べることで、かつての城下のありさまが、具体的に生き生きとわかるように
なってきました。
 この特別陳列では、当館所蔵の城下絵図と、幕末の二軒屋で焼かれた庸八焼をおも
に展示します。展示品のほとんどが、当館が文化の森に開館して以来初めての一般公
開となりますので、身近な町の歴史を知るひとつの機会になると思います。ぜひ、ご
観覧ください。

〔1〕おもな展示構成と展示品
   1城下絵図の世界
     ・阿波国大絵図
     ・徳島城絵図
     ・徳島城下町絵図
     ・徳島御城下切絵図

   2陶匠 富永庸八
     ・阿波国での庸八焼
     ・讃岐国での庸八焼
     ・庸八の交友
〔2〕展示解説
 当館が所蔵する城下絵図と、二軒屋で焼かれた庸八焼について解説します。
●日 時  2月3日(日)13:30〜14:00  
●場 所  博物館 企画展示室(1階)
●担 当  長谷川 賢二・大橋 俊雄(博物館学芸員)
●対 象  小学生から一般
●定 員  なし
●参加費  無料
※備 考  申し込みは必要ありません。直接会場へおこしください。



==========================
  博 物 館 V キ ン グ
==========================
 ☆ボランティアスタッフが創り出した楽しい体験キットによるイベントをお届けします。
1.日 時  2月11日(月)建国記念の日 
        9:30〜16:30(受付は16:00まで)
2.会 場  博物館 常設展示室(2階)
3.対 象  どなたでも参加できます。
4.行事内容
(1)どんな顔になるKASHIRA・・・人形頭をもとにした福笑いゲームで楽しもう。
(2)かたどって似たものさがし(先着300名)
   ・・・資料の模型を型どって、キーホルダーに仕上げよう。
(3)スタンプで展示づくり・・・スタンプラリーで展示室をレイアウトしよう。
(4)徳島城へようこそ!・・・鷲の門のポップアップカードづくりにチャレンジ!!
5.そ の 他
 1参加は無料です。申し込みも必要ありません。直接会場へおこしください。
 2当日は祝日ですので、どなたも常設展の観覧料は無料です。



==========================
2月のクイズラリー
==========================
 9日(土) 午前9時30分〜午後4時
23日(土) 午前9時30分〜午後4時
☆参加者には獲得したポイントに応じた記念品(金賞・銀賞・銅賞)を用意しています。
☆小・中学生および高校生は、土曜日、日曜日の観覧料は無料です。


博物館のホームページ  年間の催し物