徳島県立博物館2006年8月の催し物案内

この行事の募集は終了しました.

徳島県立博物館の催し物ご案内です.ふるってご参加ください.


◇「夜の博物館 ドキドキ体験ツアー」


  夜の博物館はいったいどんな姿をしているのでしょう?
ふだんは公開されていない夜の博物館の内部をご案内いたします。いつもと違った、夜の常設展示を見てみませんか? 昼間とはまた違った発見があるかも知れません。何が待っているか、ドキドキの体験ツアーにご招待いたします。


 ○日  時  8月5日(土)19:30〜21:30
 ○場  所  博物館常設展示室
 ○講  師  小川 誠ほか(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般
 ○定  員  15名
 ○申込方法  別記の方法で,7月26日(水)までにお申し込みください。
 ○備  考  第28回 日本文化デザイン会議’06 inとくしま「にぎわい88」登録イベント 




◇企画展関連行事「企画展「世界の種と実」展示解説1」


種や実には、散布の方法ひとつをとりあげても,羽や毛を発達させ空を飛ぶことで種を遠くまで散布するものや、海流を使って遠くまで種を散布するもの,動物に付着することで種を散布するものなど、多様な特性をもつものがあります。
この企画展展示解説では,このような散布体としての種や実の多様性,生態,進化などに注目し,国内外の種および実を比較展示することで,その驚くべき自然の知恵について紹介します。

 ○日  時  8月6日(日)14:00〜14:30
 ○場  所  博物館 1階企画展示室
 ○講  師  茨木 靖(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般 ※申し込みは必要ありません(直接会場へおこしください)。
 ○備  考  企画展観覧料必要




◇部門展示関連行事「部門展示「まじない・鬼・妖怪」展示解説2」


古来、日本人は人間を超越した力を信じてきました。部門展示「まじない・鬼・妖怪」では、当館の収蔵資料を中心として、そうした信仰の世界を紹介しました。一緒に展示を見ながら、歴史の一面を考えてみたいと思います。

 ○日  時  8月13日(日)13:30〜14:30
 ○場  所  博物館 2階常設展示室内 部門展示室
 ○講  師  長谷川賢二(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般 ※申し込みは必要ありません(直接会場へおこしください)。
 ○備  考  常設展観覧料必要




◇企画展関連行事「企画展「世界の種と実」展示解説2」


種や実には、散布の方法ひとつをとりあげても,羽や毛を発達させ空を飛ぶことで種を遠くまで散布するものや、海流を使って遠くまで種を散布するもの,動物に付着することで種を散布するものなど、多様な特性をもつものがあります。
この企画展展示解説では,このような散布体としての種や実の多様性,生態,進化などに注目し,国内外の種および実を比較展示することで,その驚くべき自然の知恵について紹介します。

 ○日  時  8月20日(日)14:00〜14:30
 ○場  所  博物館 1階企画展示室
 ○講  師  茨木 靖(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般 ※申し込みは必要ありません(直接会場へおこしください)。
 ○備  考  企画展観覧料必要




◇室内実習「標本の名前を調べる会」


夏休みに採集した生き物の名前を講師の方といっしょに調べてみましょう。名前が分かると、生き物への愛着もぐっと増します。
対象とするものは、植物(コケ・キノコ・海藻を除く)、昆虫、貝などの動物や、岩石、鉱物、化石です。
★以下の点にそってご準備ください。
(1)おおまかでもかまいませんので、種類ごとに分類しておいてください。
(2)まちがっていてもかまいませんので、できれば、あらかじめ図鑑で名前
 を調べてみてください。
(3)持ってくる標本の数は、1人30点以内にしてください。
(4)分からないところ、質問したいところをはっきりさせておいてくださ
 い。


 ○日  時  8月22日(火)10:00〜16:00
 ○場  所  博物館 3階実習室・講座室
 ○講  師  博物館自然課学芸員および外部講師
 ○対  象  小学生から一般 ※申し込みは必要ありません(直接会場へおこしください)。




◇みどりの工作隊「葉脈標本でしおりをつくろう」


植物の葉から脈を取り出し、色をつけると、葉脈の編み目が浮き出たきれいな模様になります。それをラミネート加工すると、自分だけのオリジナルの「しおり」ができあがります。
今回は葉脈標本を作り、それを「しおり」にする方法を実習します。
夏のひとときに、自然の造形の美しさに触れてみませんか?

 ○日  時  8月27日(日)13:30〜15:00
 ○場  所  博物館 3階実習室
 ○講  師  小川 誠(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般
 ○定  員  30名
 ○申込方法  別記の方法で,8月17日(木)までにお申し込みください。




◇歴史文化講座「八朔のひなまつり」


  宍喰には、八朔(8月1日)にひなまつりを行うという珍しい風習がみられます。なぜ、宍喰で八朔にひなまつりを行うのか、他県の風習と比べながら考えてみます。

 ○日  時  8月27日(日)13:30〜15:00
 ○場  所  海部郡海陽町 海南文化館

 ○講  師  庄武憲子(博物館学芸員)
 ○対  象  小学生から一般
 ○定  員  50名
 ※申し込みは必要ありません(直接会場へおこしください)。
 ○備  考  海南文化館




■お申し込みについて

 

往復はがきに
 1.希望行事名
 2.参加希望者全員の氏名と住所(学生の場合は学年も)
 3.電話番号
を記入し,行事予定日の1ヶ月前から10日前までに届くように下記までお申し込みください。返信用はがきの住所・氏名も忘れずに記入しておいてくだい。希望者が多数の場合は抽選します。なお,くわしいことは当選された方にお知らせします。原則的に,参加費は無料です。

申込先 〒770-8070 徳島市八万町向寺山 徳島県立博物館 普及係 TEL 088-668-3636

往復葉書記入例

往復葉書記入例

今月のお知らせ:

☆平成18年度 第2回企画展「世界の種と実」

○会 期 7月22日(土)〜8月31日(木)
○休館日 8/14を除く毎週月曜日
○会 場 博物館企画展示室(1階)
○時 間 9:30〜17:00
○観覧料 一般200円 高校・大学生100円
     小・中学生50円
     ※小・中学生及び高校生は、土曜日・
      日曜日、祝日、夏休みの観覧料は無料です。

 移動ができない植物にとって、種や実は、その「種」を後世に伝え、また、繁殖を成功させる上での重要な手段といえます。
 このため、その形態や機能は、様々な生態条件に驚くほど巧みに適応し、これを見る者に驚きを与えます。
 たとえば、散布の方法ひとつをとりあげても、タンポポやカエデのなかまのように羽や毛を発達させ、空を飛ぶことで種を遠くまで散布するものや、ハマオモトやココヤシなど海流を使って遠くまで種を散布するもの、そして、ヌスビトハギのように動物に付着することで種を散布するものなど、多様な特性をもつものが思い浮かびます。
 この企画展では、このような散布体としての種や実の多様性、生態、進化などに注目し、国内外の種および実を比較展示することで、その驚くべき自然の知恵について紹介します。


*8月のクイズラリー・・12日(土)・26日(土)
 午前9時30分〜午後4時
・ポイントをたくさん集めて、記念品をめざしましょう。
・博物館は、土曜日・日曜日、祝日、夏休みの小・中・高生の観覧料は無料です。


博物館のホームページ  年間の催し物