カメムシのはなし−よいカメムシ・わるいカメムシ・ただのカメムシ−

山田 量崇

 茶色や緑色のくさ〜い臭いを出す虫・・・カメムシと言えばこんな答えが返ってくるかもしれません。秋の終わりにはベランダにやってきて、シーツや服などの洗濯物にくっついている所を目撃したこともあるでしょう。農家の人たちは、葉っぱや果実の汁を吸うカメムシたちに悩まされることもしばしばでしょう。たしかにカメムシには、われわれ人間に害を及ぼす種が知られていますが、そういったものはごく一部に過ぎません。そればかりか、人間にとって有益なカメムシも存在しているのです。そして、大半を占めるのが、我々にとって直接かかわりのないただのカメムシです。今回は、けっして人気のある虫とは言えないカメムシについてお話ししたいと思います。

カメムシとは?
 カメムシとは、カメムシ目(半翅目)に属する昆虫の総称で、この仲間には、日頃よく目にするいわゆる“カメムシ”の他に、セミ、ヨコバイ、ウンカ、アブラムシ、アメンボ、タガメなどが含まれ、世界におよそ9万種が知られています(Gullan & Cranston,2005)。形態はきわめて多様で、それぞれ見た目は全く異なりますが、いずれもストロー状の口を持ち、それを餌に突き刺して汁を吸うという特徴があります。また、くさい臭いを出すことで有名ですが、すべての種が臭いを出すというわけではありません。敵に襲われたり仲間を集めたりするときに、後ろ脚の付け根付近にある器官から臭いをまき散らします。

わるいカメムシ
 一般に、人にとって都合のわるい虫を“害虫”と言い表すことができます。大別すると、不快害虫、衛生害虫、農業害虫の3つに分けられます。わるいカメムシもこの3つに分類できますが、皆さんがよく目にするのは、不快害虫としてのカメムシです。不快害虫とは、虫自体は無害なのに皆さんの日々の生活にひょっこり現れ、嫌な思いをさせてしまう虫のことです。ベランダにやってきてくさい臭いをまき散らすカメムシたちがそれです。地味な色をしたカメムシが何匹も集まっている光景を目の当たりにすると、虫唾が走る人もいるのではないでしょうか。洗濯物に寄ってくるまん丸いカメムシは「マルカメムシ」(図1)といって、本来はクズやハギなどのマメ科植物に寄生します。冬越しのため、ベランダにやってくるカメムシは「クサギカメムシ」(図2)です。マメ科植物の他に果実の汁を吸うので農業害虫としても有名です。以前、ある人から「どうやったらカメムシが家に寄って来なくなりますか?」という質問を受けました。残念ながら今のところ一匹も寄せつけない方法というのはありません。家の周りの雑草を処分して発生源を絶つか、あるいはそういった光景に慣れていくしかないのです。

よいカメムシ
 わるいカメムシばかり目立つようですが、人間生活の役に立っているカメムシもいます。そのひとつに、「ハナカメムシの仲間」(図5, 6)が知られています。体長2−4ミリとごま粒のように小さな体をしていますが、我々の食卓にならぶ野菜や米を害虫から守ってくれています。具体的には、ハナカメムシ類は農業害虫を効果的に捕食するため、天敵として害虫の駆除に役立っているわけです。農薬を使わない環境にやさしい農業が望まれる中、こういった天敵を用いた害虫駆除法が注目されています。ハナカメムシ類は、我々の食生活を陰ながら支えてくれているはずです。

ただのカメムシ
 上述の2つのグループに含まれないカメムシたちは、全てただのカメムシです。人間とは直接関わりのないカメムシとも言えます。セミ、アメンボ、タガメなどがこのグループに含まれますが、彼らが立派なカメムシの仲間であることは意外と知られていないのではないでしょうか。近年、生物多様性保全という言葉をよく耳にしますが、ただのカメムシたちも一概に無視できない状況となってきました。例えば、われわれ日本人にとって伝統的な風景のひとつである“里山”には、今では大変貴重なカメムシたちが多く依存しています。前述したアメンボやタガメの他に、コオイムシ、ミズカマキリ、タイコウチ、マツモムシなどは、水田を取り巻く稲作環境を象徴する昆虫として有名です。なかでも、タガメ(図7)はかつて養魚場の大害虫として人々に嫌がられていたにもかかわらず、農業形態の改変に伴って徐々に減少していき、環境省レッドデータブックの絶滅危惧II類に掲載されるまでになりました。また、馴染み深いアメンボの仲間にも、その姿が失われつつある種が知られています。これら以外にも、人とかかわりの深いカメムシたちはたくさん存在しているわけで、とくにセミの仲間は夏の風物詩として、時には騒音をもたらす不快な虫として、密接な関係を築いてきました。こうして考えてみると、ただのカメムシたちは、我々が生活してきた風景の中に当たり前のように存在していたわけです。

 一口にカメムシと言っても、その姿・形はさまざまで、人から嫌われるものもいれば関わりの深いものもいます。カメムシについて何も知らないのに忌み嫌うことは、単なる人間のわがままとしか思えません。叩き殺すなんてもってのほかです。カメムシたちに出会ったら、一度じっくり観察してみてください。あなたの知らない世界が見えてくるかもしれません。(動物担当)

参考文献
Gullan, P.J. & P.S. Cranston, 2005., The Insects 3rd ed. An Outline of Entomology. Blackwell Publishing, Australia.

図1-4 わるいカメムシ(1.マルカメムシ;2.クサギカメムシ;3.チャバネアオカメムシ;4.ツヤアオカメムシ.スケールは1cm)

図5-6 よいカメムシ(5.モンシロハナカメムシ;6.ナミヒメハナカメムシ.スケールは1mm)

図7 ただのカメムシ(タガメ)


Culture Club][博物館トップページ