企画展ミネラルズ

岩石をつくる鉱物

ふつうの岩石を構成している鉱物は、造岩鉱物 (ぞうがんこうぶつ) とよばれています。とくに火成岩の造岩鉱物である石英 (せきえい) 長石 (ちょうせき) 雲母 (うんも) 角閃石 (かくせんせき) 輝石 (きせき) 、かんらん石は造岩鉱物の代表として教科書などでよくとりあげられます。

ここでは、これらの造岩鉱物の各グループについて、やや特殊な例もとりあげながら見ていきます。

◆ 石英Quartz

石英 (せきえい) は、地表で最も多い鉱物である酸素 (45.2%)と2番目に多い珪素 (けいそ) (27.2%)からなり(化学式SiO2)、おそらく単一の鉱物しては地表で最多です。火成岩(図1-1)堆積岩 (たいせきがん) 変成岩 (へんせいがん) の中にも普通に含まれるほか、場所により割合はさまざまですが、砂浜の砂粒の多くも石英でできています。地表では化学的に安定で摩耗 (まもう) にも強いので、風化に耐える性質を持っています。

水晶 (すいしょう) というのは、六角柱状に結晶した石英のことです。小さい水晶ならば珍しくありませんが、大型で透明度が高い水晶がたくさん採掘できる場所はあまり多くありません。国内に入ってきている水晶のほとんどは外国産で、国内には現在、商業的に水晶を採掘しているところはありません。

石英は本来は無色透明(図2-1)ですが、不純物の混入や放射線の影響などにより、さまざまな色がつきます。色つきの水晶としては、灰色を帯びた煙水晶 (けむりすいしょう) (図2-2)紫水晶 (むらさきすいしょう) (図2-3)が有名です。ともに、微量の不純物と放射線を浴びたことによる結晶構造の乱れにより着色すると説明されており、人工品もつくられています。最も目にする機会が多い紫水晶は玄武岩 (げんぶがん) 晶洞 (しょうどう) の中に群生したブラジル産のもので、土産物 (みやげもの) 店などでよく売られています。その他、ルチルの針状結晶 (しんじょうけっしょう) を含んだ水晶(針入り水晶)(図2-4)緑泥石 (りょくでいせき) を含んでやや緑色を帯びたものや、赤鉄鉱 (せきてっこう) を含んでやや赤くなったものなどもあります。

図2-1 
石英(水晶)【ペルー 横11cm】
きわめて透明度が高い標本。
図2-2 
石英(煙水晶)【ロシア 長さ52cm】
煙水晶としてはかなり淡色。大型結晶。
図2-3
紫水晶【ウルグアイ 横15cm】
紫色の発色には、微量の鉄と放射能源が必要であると考えられている。紫水晶の色は不安定で、熱したり日光に長時間当てたりすると、色が薄くなったり変わったりする。
図2-4
ルチル入り水晶
【ブラジル 横11cm】
透明な水晶の中に、ルチルの針状結晶(細長く黄色く輝いている鉱物)がみられる。水晶の内部を見やすくするため、この標本では表面が研磨 (けんま) されている。
図2-5
日本式双晶
【山梨県乙女鉱山 幅9.7cm】
水晶には、数種類の双晶 [そうしょう] (2つ以上の結晶が特定の対称性を保って接している集合体)がある。日本式双晶はバタフライ双晶ともよばれ、2つの結晶が約90°の角度で接する。たいてい、周囲の結晶より大きく、平べったい形に成長している。最初に詳しく研究されたのが日本産の標本だったのでこの名がつけられた。